お知らせ
NEWS

【会員限定】日本工業大学工業技術博物館ミュージアムツアー及び交流会のご案内・参加者募集

2022年09月20日

  • お知らせ

会員各位

(一社)ファクトリーサイエンティスト協会
  代表理事  大 坪 正 人

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、当会では、ものづくり産業を牽引する「ファクトリーサイエンティスト」を2030年までに4万人育成するとの目標の実現に向けて、会員間のコミュニケーションの促進に加え、研究・教育機関との連携についても強化して参りたいと考えております。

 その一環と致しまして、日本工業大学及びベッコフオートメーション株式会社のご協力を得て、来る10月6日に掲題の企画を、以下概要の通り実施致します。

皆さま大変ご多忙のこととは存じますが、当日は、日本のものづくりを担う同士とともに、日本の産業発展を支えた工作機械の明治初期からの歴史を振り返り、将来の日本のものづくりを支える技術を研究開発し人材を育成する大学の取組みを伺って、いまを担う我々のパワーに変えてまいりたいと存じますので、お差し繰りご参加いただければ幸いです。

お申込は、2022年9月30日(金)までに下記フォームにてお願い致します。
皆さまとリアルでお目にかかれること、大変楽しみにしております。

敬具

イベント概要

日時:2022年10月6日(木)10:00~16:00頃(午前のみ・午後のみの参加可)
場所:日本工業大学宮代キャンパス内 工業技術博物館(埼玉県)
  https://museum.nit.ac.jp ※現地集合・解散
アクセス:https://museum.nit.ac.jp/access/
「東武動物公園」駅西口より徒歩14分・スクールバス5分
「新白岡」駅東口よりスクールバス乗車12分
※スクールバスも100円(1回券)ご利用頂けます。→スクールバス利用購入方法

参加費用:無料(FS協会法人・個人会員のみ参加可能)
定員:先着20名
対象:FS協会法人及び個人会員

本イベントは、ファクトリーサイエンティスト協会の法人会員(協賛・賛助)企業の社員様及び、個人会員のみご参加頂けます。
※2021年10月以降(第7回)にファクトリーサイエンティスト育成講座を受講された方も1年間個人会員扱いとなります。
※ファクトリーサイエンティスト協会へのご入会を検討されている企業・団体のご担当者の方もご参加可能です。後日、ご入会案内をさせて頂きます。

プログラム

1.午前の部(10:00~12:00)

(1) ファクトリーサイエンティスト協会 代表挨拶(5分)
大坪 正人 代表理事(由紀ホールディングス代表取締役社長)

(2) 日本工業大学 工業技術博物館の概要レク(15分)
清水 伸二 工業技術博物館館長
(日本工業大学客員教授、上智大学名誉教授)

(3) 工業技術博物館ツアー(100分)

(お昼休憩 90分

2.午後の部(13:30~16:00)

(1) ファクトリーサイエンティスト協会の活動報告(60分)
大坪 正人 代表理事(由紀ホールディングス代表取締役社長)

(2) 日本工業大学機械工学科関連研究・教育施設の解説・見学(90分)
ご参考:
 日本工業大学基幹工学部機械工学科は、実工学を掲げており、学生は機械実工学教育センターをはじめ、充実した環境で機械工学を学ぶことができます。学科では一人一台卓上旋盤を作ったり、フォーミュラカーや自立移動ロボットを作ったりするなど、ユニークな授業も展開しています。
 当日は、機械実工学教育センター(CAD/CAM/CAE演習室、製図室、工作室、精密測定室他)および機械加工研究室を見学しながら生産加工技術の開発を軸とした産学連携の事例を紹介いただく予定です。

【ご協力のお願い】

※当日は感染症防止のため手指消毒、マスク着用をお願い致します。
※一般のご参加の方の博物館内の撮影はご遠慮ください。
※新型コロナウイルス感染症対応等の観点から一部プログラムを変更する可能性があります。予めご容赦ください。

お申し込み(締切は9/30金まで)