Factory Scientistとは
ABOUT

What's Factory Scientist

本プロジェクトでは、中小規模の製造業の構成員がIoTデバイスによるエンジニアリング、センシング、データ解析、データ視覚化、データ活用の 知識を身に付けて、データを軸に経営判断を素早くおこなうアシストをおこなう人材の育成に注目し、「ファクトリー・サイエンティスト」という人物像を提案しています。 当カリキュラムでは、このファクトリー・サイエンティスト に必要なスキルを順番に学んでもらい、最終的にそれぞれの会社についてアクションプランを作成します。

Factory Scientistとは

Target

ターゲット

ファクトリー・サイエンティストの対象者として、中小企業規模の製造業において、「工場の統括責任者」の新たな片腕としてデジタル・トランスフォーメーション(デジタルもの作りへの移行)を担うため、デジタル技術に興味を持って取り組める年齢20代〜30代で、入社3〜9年目の社員を想定しています。

Purpose

日本の全事業者の内、中小規模事業者はおよそ99.7パーセントを占めます。大規模な投資が必要となるシステムを導入することが難しい中で、世の中に現れた便利なwebサービス、デバイス、ツールを組み合わせて同様な機能を作り出す事業者の例が聞かれるようになってきました。このような能力を備え、現場、経営者双方とコミュニケーションをとりながら企業の次の一手を提案できる人物が必要だと考えました。我々は、そういった人物に必要なスキルセットを定義し、育成するカリキュラムを提供していきます。

Skill


ファクトリー・サイエンティストは、3つの能力を備えた人物像です。まず1つ目は「データエンジニアリング力」。これはIoTデバイスや計測機器、装置などを使って現場から適切な方法でデータを取得する能力。2つ目は「データサイエンス力」。収集されたデータや、他のデータと照らし合わせて有用な情報を紡ぎ出す能力。そして3つ目は得られた情報を元に戦略を練り上げ、データを説得材料にビジネスに活用する「データマネジメント力」です。様々なスキルや情報を組み合わせて、製造業のデジタルトランスフォーメーションを実現する人材を育成します。